新型ウイルス

2002年に流行した重症急性呼吸器症候群(SARS)のウイルスに似た新型ウイルスが見つかり、世界保健機関(WHO)は24日までに各国の専門家に注意を呼びかけている。

新型ウイルスは、SARSや一般的な風邪の原因となるコロナウイルスの一種で、これまでに2人の感染が確認された。1人はカタールの49歳の男性で、9月 11日に英国に搬送されて治療を受けており、現在重体となっている。もう1人はサウジアラビアの60歳の男性で、6月に治療を受け、その後死亡した。

カタールの男性はサウジアラビアへの渡航歴があることが判明したが、WHOによれば、2人の間に関係はないとみられる。しかし重い呼吸器系の症状や腎不全などの症状は共通しており、検査の結果、同じウイルスに感染していたことが判明した。

このウイルスは、サウジアラビアの患者を診察した同国の医師が最初に発見して報告。インフルエンザやSARSのウイルスと比較した結果、新型と確認された。

次いでカタールの患者を診察した英国の医師からも新型ウイルスの報告が寄せられ、オランダの専門家が遺伝子構造を調べた結果、99.5%の確率で同じウイルスと判断した。

SARSは02~03年にかけて流行して8000人が感染し、774人の死者を出している。一方、今回の新型ウイルスでは、SARSの患者には見られなかった腎不全の症状も出ているという。

患者と接触した人物や治療に当たった関係者の感染は、現時点で確認されていない。SARSの場合は医療従事者も多数が感染していた。専門家は「これが感染しやすいウイルスだという確証はまだない」と指摘している。

ただし感染源など現時点では判明していないことも多く、まだ報告されていない患者が多数いる可能性もある。WHOは現時点でこの件に関する渡航制限の勧告は行ってない。


韓国政府、野田首相の慰安婦問題めぐる発言に強く反発
韓国政府当局者は24日、日本の野田佳彦首相による旧日本軍の従軍慰安婦問題に関する発言に強く反発し、改めて日本側の謝罪と賠償を求める姿勢を示した。

米ウォールストリート・ジャーナルが23日に掲載したインタビューで、野田首相は元慰安婦に対する賠償について日本政府の立場を改めて説明。日本は 1965年に交わした「日韓請求権協定」で賠償責任を終了していると指摘し、「この件はすでに決着した。われわれは法律レベルで賠償事項を完全に解決して いる」と述べた。

韓国外交通商省のある高官は24日、野田首相の発言について、「日本は法的責任に基づいた賠償金を支払っていない。この件は日本がそのようにした後に解決 する」と発言。また韓国聯合ニュースの取材に対して、「女性を強制連行して日本軍の性の奴隷とすることは非人道的犯罪だ。1965年の協定は賠償責任を終 了させるまでに至っていない」と強調した。

韓国の歴史学者は、「日本が朝鮮半島を殖民統治した1910年から1945年に20万人の女性を強制連行し、慰安婦とした。その大半は韓国人、北朝鮮人 だった」としている。韓国外交通商省は先ごろ、「韓国代表団は国連総会の期間中に慰安婦問題を提起する計画だ」と話していた。

—広告—

ウォーターサーバーを設置したいけれど、メーカーがたくさんありすぎて、どこが良いのか が良く分からない。 そんなあなたの為に、数あるウォーターサーバーメーカーの中から、 全国シェア数、認知度そして利用者の満足度に関して、一定の基準を満たした優良のサービスをご紹介します。

ウォーターサーバーなら – 天然水ウォーターサーバーのアクアリズム

Copyright© www.lesrias.net